子供を花粉症にするママの愛!掃除は程々に

 

 

 

 

 

 

 

 

もう『ストレス』に

振り回されない体に変わる!!


腸happyライフ.トレーニング




腸happyライフトレーナー

栗城 実幸です(*‘ω‘ *)


こんばんは!

1月の終わりに早くも花粉
気配が顔を出していますね。


便秘も花粉症も年々、子供の
発症率が増え続けています。

それは何故なのか?





それは・・・


99%のママが選択肢を間違え
ママの愛が想いとは別の結果に
結びついているからです\(゜ロ\)(/ロ゜)/




<花粉症は免疫の過剰反応>



私達はママのお腹から生まれて
来る時点で既に持ち備えている
免疫細胞(抗体)
と、



誕生して0~3歳までに
得るばい菌によって、



アレルギー物質(ばい菌)を
退治する為の免疫細胞




その免疫細胞は多いと
無差別細胞殺し
になるので
増やし過ぎないよう抑える細胞



・・・と、生まれてから2種類の
免疫細胞を創り出します( ..)φメモメモ




しかし、赤ちゃを病から守ろうと
清潔すぎる環境で育った





子供はママの愛によって
軟弱な体になっています!!





清潔すぎた結果、ばい菌をわざと
体内に取り込むことで



※ ばい菌(アレルギー物質)を
  やっつけようとする免疫細胞


※ 自虐行為に走らないよう、
  抑える免疫細胞


この2種類の免疫細胞の
生成バランス
が崩れ、




清潔な環境で育った子供は、
お家でペットを飼っている家
と比べて

 



自虐行為を抑える免疫細胞(抗体)が
なくなってきているとされています。



この、自虐行為をする免疫細胞
(抗体)が実は脂肪細胞
合体することで(^▽^;)




花粉症の症状をもたらす異常細胞
となり果てます(^▽^;)あはは・・


この異常細胞(抗体)が、ヒスタミン!!




そうなんです!


辛い花粉症を一時的に抑える為の
薬が、主に抗ヒスタミン系なんです!




赤ちゃんは、口に何でも入れるのは
抗体を作っているからだからこそ


ママの愛でお家を無菌室に
変えないで綺麗を保つ
おそうじをしましょう('◇')ゞ



そして!既に子供が
3歳より大きくなってしまった

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 


さぁ・・どうする?
そもそも、私(ママ)はどうすれば?
やっぱり、薬を飲んじゃうかも?


↓       ↓        ↓

続きはまた明日!!('◇')ゞ

 


そして・・

今日の宿題は・・( ̄ー ̄)ニヤリ


花粉症の薬を飲んでいる時に
薬を飲んでいることでどんな
副作用が出ていますか?


この副作用が
重要です!

し~かり思い出しておいて
くださいね~(*^^)v

今回はここまで


 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

 

YouTube

チャンネルはこちら↓